zeroの船出は大難航!「箱入り娘」有働由美子へ襲い来る波!

コンバンニチハ、わたくしジェイと申します。10月もあっという間に中盤を迎えております!肌寒さも感じ始める今日この頃、いかがお過ごしでしょう!

ジェイはブログ執筆が1週間を早くも迎え、マンネリ化してきております!ですが、ここで執筆をやめる訳にもいきません!

自分が気になった情報を発信できる訳ですからね!ここでやめたら完全に負けです!

さて、10月といえば番組の更新期としても知られています。

それで一番ショックだったのは、news zeroの村尾さんが降板するという出来事でした。

そこで心機一転、元NHKの期待の新星を投入する事となります。

それが有働由美子さんです!

NHKで鍛えられたキャスター力(りょく)、如何なものかと箱を開けてみれば・・・

初回からそれはそれはクレームの嵐でして・・・

今回は、そんな有働キャスターの苦難を紹介するとともに、彼女のキャスター歴にも焦点を当てて参ります!

基本的なプロフィール

名前:有働 由美子(うどう ゆみこ)

生年月日:1969.3.22.(49歳)

出生:鹿児島県日置郡郡山町(現・鹿児島市)

出身:大阪府

学校:神戸女学院大学文学部総合文化学科卒

職歴:NHK→フリー

趣味:読書、旅行、料理

特技:剣道(剣道有段者)

好きな球団:阪神タイガース

好きな歌手:サザンオールスターズ

といった感じのプロフィールですが、剣道有段者とは戦々恐々でございますw

料理が趣味で元NHKキャスターで、プロフィールからすれば言うことなしですね!

彼女は現在五十路手前です!なので、それまで所属していたNHKではなかなか色濃いエピソードがありまして・・・

参考:Wikipedia

彼女がNHKを退職するまで

彼女のアナウンサー願望は小学生の頃からありました。大学生の頃に湾岸戦争が勃発し、その中で世界に現状を伝えている特派員の姿に感涙してアナウンサーをハッキリと志望するようになりました。

そしてNHKに試験を突破する訳ですが、NHK以外の内定を押し切ってNHKを選んだそうです。

初任地は大阪!そこで彼女の奮闘が始まります。先輩、視聴者からコッテリと絞られながらも彼女はかろうじてアナウンサーを続けます。

元々英語が得意な彼女がNHKを志望した動機は「海外に放送局を多く持っているから」だそうです。

大阪、そして東京へ移転し、数年後に彼女はアメリカ総局への移転を命じられます。英語に慣れ始めた頃合いで東京復帰を命じられます(とても皮肉なものです)。

そして東京に復帰した彼女に待っていた仕事がNHK視聴者ならご存知「あさイチ」となります。

初めは己自身に不安を募ったもの、時も経てばキャスターパートナーのV6 井ノ原快彦さんとの連携も上手く図れるようになりました。

さて

ここからが色濃いちょっとしたエピソードなのですが、

あさイチ任命から引退までの間に、彼女は「週間文春」に「有働は聞く力ゼロ」と評されたり・・・

トイレで下着を汚した、という発言で苦情を寄せ集めたエピソードを持っていらっしゃいます。

  • 2013年9月20日放送分に能年玲奈(現:のん)がゲスト出演した際、能年に変顔や白目をやるよう要求しそれを実際にさせた。これについて『週刊文春』(2013年10月3日号)は「有働は“聞く力”ゼロ」と評した[39]
  • 2016年7月15日放送分で「トイレでお漏らしをして下着を汚した」と発言し、視聴者から苦情が寄せられ、謝罪するという一幕があった[42]

引用元:Wikipedia

朝からお漏らししました!なんて聞きたくございませんwおまけに朝ドラ主演女優に変顔をさせるなんて域を超えていらっしゃいますw

そんなこんなで、彼女は井ノ原さんと共に2018年3月30日を以てあさイチ卒業となりました!退職はその1日後、31日となります!

退職後は、ナチュラルエイトという事務所に所属しています。

軽くまとめたら抽象すぎたかもしれませんが、以上が彼女のNHK奮闘記です。

他にもクセのあるエピソードがありますので、もっと見たい方は 引用元:Wikipediaからどうぞ!

news zero任命後、初回放送時は「ご指摘」でいっぱい!

NHKでアナウンサーとして長年勤め、アメリカ局にも任命され、はたまたあさイチで朝の顔をも担当していた有働さん。

当然、容量良い仕事さばきで前メインキャスターの村尾さんを凌ぐのではないか、と世間の期待値は高まります。

あの醜態となります!

どんな醜態かと言いますと、その時「IPS細胞」で有名な山中博士との中継対談があったのですが、相手の話に言葉を被せてまるでキャッチボールが成り立っていませんでした。

また、次の展開がわからず、焦ってなんとかしようにもその後継は新人アナウンサー以下にも見える有様でした。オマケになんとかやり切ろうとゴリ押しスタイルを醸してしまいます!見るに堪えなかったです!

村尾さん帰ってきて!視聴時はそんな心の声が日本全土から聞こえてきそうでした。

ともかく!彼女の進行はあまりにも酷かったのです!

中には擁護の声もございます!ですが、世間の冷たさはそうはいきません!ジェイも冷たい人間なのです!

放送開始から2週間。視聴率は初回から半減。

最近のニュースなので「これ程なのか!」とジェイも驚きましたが、これが有働zeroの現状なのです・・・

 今年3月でNHKを退職したフリーアナウンサー、有働由美子(49)がキャスターを務めることで注目を集め、今月1日にスタートした日本テレビ系「news zero」の視聴率が、大方の予想に反して下降線をたどっていることが15日、分かった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ日報調べ)

1日の初日は10・0%と高視聴率をマーク。2日目も10・4%と2日連続で10%の大台を超えたことが話題になったが、その後は下降傾向が続き、12日は4・6%と新生「zero」では最低を記録。もともと金曜日の数字が低かった同番組だが、初日の数字の半分にも届かないことを想像した人は少なかっただろう。

スタートから2週間を終えた時点での平均は7・66%(デイリースポーツ集計)と低迷。2週目の平均は6・68%で、旧「ZERO」の最終週の同7・44%を下回っている。

*一部抜粋

引用元:livedoorNEWS

ジェイも未視聴の一人でして、初回で彼女の顔でnews zeroは見たくないと思ってしまいました・・・

番組の構成も変えられているようで、ジェイから見れば有働さんの土俵のように見えますが、それであの醜態は多くの視聴者を落胆させた事でしょう。

ですが

まだまだ初旬です!ここからぶり返す事だって彼女に力があれば出来るはずです!

元NHKですし、力量は隠されてるだけですよ!きっと!

・・・皮肉にしか見えない?

*一部皮肉を含んでおりますが、全面的に皮肉をしている訳ではありません。

本日のおまとめ

さて、箱入り娘の名が相応しい有働由美子さんの惨状をご紹介して参りました。

ここまで彼女を貶める理由なのですが、彼女は新人アナウンサーではなく、ベテランアナウンサーなのです。

ベテランであの様となるとだんだん見て来るのが恥ずかしくなってきまして・・・よって今回のような批判記事となります。

村尾さんが10年以上紡いできた番組です。その後継の名に恥じないよう、有働さんには番組をこれから右肩上がりにして欲しいものです!

どうでもいい余談

ジェイはnews zeroには日テレの菅谷アナウンサーを起用して欲しかったです。

菅谷さんは土曜日の夕方のニュースでよく目にしますが、言葉も伝わりやすく、彼のメガネの奥にあるキリッとした誠実さはもっと彼の姿を見たくなります。

以上、菅谷ファンのジェイでした。

また会う日まで、ご機嫌よう!

ジェイの文字数カウンター:3115




スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク