書籍出版により男爵の追い風となるか!髭男爵・山田ルイ53世の話題なイマ

コンニチハ、わたくしジェイと申します。寝る間も惜しんでとは本当に辛いものですね・・・昨日の夜中はずっと記事執筆に勤しんでいました。

でも湧いてくるんですよね。やっと形になってきたな、という実感が!

さて本題ですけども、そんなジェイさんの本日のターゲットは髭男爵山田ルイ53世さんです!

小学生の頃によく目にした芸人さんですが、時の人とはなったものの、悲しいかな、いわゆる一発屋としてメディアへの露出は減りました・・・

ですが

そんな一発屋となってしまった山田ルイ53世さん(以下男爵とします)が、思いがけない事で最近チラホラとテレビの露出が増えております!

本日は男爵の逆転劇をご紹介して参ります!

男爵のプロフィール

名前:山田ルイ53世

本名:山田 順三(やまだ じゅんぞう)

生年月日:1975.4.10.(43歳)

身長:168cm

体重:120kg

出身:パリ・シャンゼリゼ通り 兵庫県三木市

学校:ソルボンヌ大学 愛媛大学法文学部夜間主コース中退

学歴の最終歴は大学ですが、実は*1大学入学資格検定という試験を経てから大学入試に臨んでいるので、一般的とは言えないような学生時代を過ごしたそうです。

*1 大学入学資格検定とは、後に移行される高等学校卒業程度認定試験の以前の名前であり、その名の通り大学に入学する学力の有無を判定し、合格すれば高等学校卒業者と同等の資格を得る事となる。

引用元:Wikipedia

男爵の学生時代と、ブレイク(1度目)を果たすまでの道のり

男爵は中学校には進学したものの、中学2年の際に家に引きこもってしまったそうです。そして順を追うように中学もそこで中途退学となります。

そして引きこもりの歳月は20歳まで続き、この頃に大学入学資格検定を合格したそうです。

(ジェイ的主観:約7年の引きこもりの時を経てから高卒資格を取れる根性は素直に素晴らしいと思いました。)

そして大学に入学する事となります。男爵は大学の友人と漫才コンビを組んだそうですが、一度解散をします。

解散の後、大学2年の頃に中途退学し、漫才への夢を追うように上京し、東京NSCの3期生として入学します。

そこで紆余曲折を果たし、ひぐち君と出会い、「髭男爵」を結成します!

この時は三人組で結成したらしく、一員の市井さんは一年で夢を諦めたそうです。

ここで我々が見ていた髭男爵の形となる・・・

という訳でもなく、初めは普通の漫才をしていたらしく、髭も生やさずワイングラスも持たずと、「髭でも男爵でもない」とバッサリ斬られています。

人の意見も踏まえ、「〇〇やないか〜〜い」の一連の流れが生まれたそうです。

一つの形として出来上がった髭男爵ですが、数年が経過した後、一つの機会がやって来ます。

それが「M-1グランプリ」なんですよね!2006年に出場し、準決勝にまで進出!そして敗者復活戦で見せた芸で圧倒的なインパクトを残し・・・

彼らの時代がやって来た訳ですね!

バラエティ番組はもちろん、CMにも大抜擢され、ラジオで冠番組を持つほどまでに髭男爵ウェーブがやって参ります!

そしてブレイクも束の間、時の流れと共に彼らは「一発屋」としてメディア露出は減っていきましたとさ・・・

以上が男爵の略歴です。

今でもコンビは続いているそうですが、テレビで見ることはサラサラ無いです・・・

男爵を最近テレビで見るようになったんです!それもこれも、タイトルにある書籍を執筆したことで今話題を呼んでいます!

一発屋を経て完成された著書により芸能界に再び一発かます事になる

男爵が執筆した書籍、その名も一発屋芸人列伝(Amazonに飛びます!)!!

内容は、男爵が一度は輝いていた芸人たち「一発屋」のその後の人生を男爵が取材するもの、となっています。

我々一発屋は、ただ余生をやり過ごしているだけの“生きた化石”ではない!

世の中から「消えていった」芸人たちのその後の人生を、自らも「一発屋」を名乘る著者が追跡取材。
これまで誰も書いたことがなかった彼らの現在は、ブレイクした“あの時”より面白かった?!
涙あり笑いあり、そしてなぜか生きる勇気が湧いてくる。時代に翻弄されつつも必死に芸に生きる、
どうしようもなく不器用な人間たちに捧げるノンフィクション!

(一部引用)

引用元:https://www.amazon.co.jp/一発屋芸人列伝-山田ルイ53世/dp/4103519215/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1539251273&sr=1-1&keywords=一発屋芸人列伝

この書籍がなんと賞に取り上げられ、今年になってまたテレビ番組に出演されています!

一発屋芸人列伝(新潮社、2018年5月)ISBN 9784103519218山田単著。『新潮45』連載のルポルタージュを単行本化。「第24回 編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」作品賞受賞。

引用元:Wikipedia

ジェイさん、髭男爵の漫才スタイルはとても好きで、アニメのアフレコも大好きでしたので男爵をテレビで見た時は本当に嬉しかったです!

そして男爵は明後日10/13放送の「嵐にしやがれ」にも出演するそうなので、一発屋を経た男爵の話は聞いてみたいものです!

本日のおまとめ

再びテレビ出演を果たしたのは確かに思いがけないですが、やはりそういう成功を果たす人というのは「何らかの行動をしている」事が原理だと思いました!

何事もまずは行動!その決心をつけてから論理はついてくるかもしれないですね!そして成功という2文字も・・・

うーーーーんジェイさん夢が広がります!

また新たな刺激を受けたジェイさんでございました!

それでは、また会う日までご機嫌よう!

ジェイの文字数カウンター:2338




スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク