生意気だから干されたか?野村周平の噂のワケと彼の最近

コンニチハ、わたくしジェイと申します。

突然ですが、世の中って比率が10のものなんて無いですよね。世の中に良いものがあれば悪いものもある。また、良いものに見えて実は悪いものだった、なんて事もある訳ですね。

この考えは無論・・・

芸能界にも然り

となります!我々がいつも目にしているあの俳優さんは裏では・・・なんて事も全然あります!

そんな中で、今回のターゲット野村周平さんにも嫌な噂が流れています・・・

性悪だから干されたのか?

最近テレビで見ないのはそういう事↑なの?

ジェイも段々と気になって来ました!

人の悪い噂は大好きです

では、真相を確かめると共に軽く彼のおさらいもしていきましょう!

基本的なプロフィール

名前:野村 周平(のむら しゅうへい)

生年月日:1993.11.14.(25歳)

出身:兵庫県神戸市

過去のキャリア:芸能界進出前はスノーボード選手として活動。2009年、全国オーディションにて31514名の中からグランプリ受賞、これを機に芸能界に進出

特技:BMX、スケートボード、スノーボード

血筋:母親が中国人とのハーフの為、クオーター。中国語◯

正にモテ男の代名詞ですね!趣味も豊富、クオーターにグランプリ獲得という三本の矢が突き刺さります!

それでも悪い噂が流れるというものですからね・・・全く読めないです。

化けの皮が剥がれ始め、性悪の噂が目立ってきた・・?

実際に噂が流れているのは事実ですので、受け止めなければなりません。

(ジェイもこの時点では彼が実際にどうなのか判断がつきませんので、まだ一概に彼のことを悪く言えません!)

ではその噂(エピソード)がどういうものか?数個調べてきました!

性悪エピソード1:VS嵐での発言

映画告知の為に菅田将暉さんや志尊淳さん等とチームになってゲスト出演された際のエピソードなのですが、どうやら僻み発言や冗談で済まない冗談を吐いたことで大きな反感を買ったようです。

チーム内には竹内涼真さんもいまして、仮面ライダー色の強いチーム構成でした。そこで当然仮面ライダーの話が持ち上がるわけです。そこで野村さんは

特撮とかライダーとか出ればそんなに偉いの?

と僻みまくりの発言をされたそうですw隣でこんなこと言われたら少しビクついちゃいますねw

当然のように「こいつ僻みすぎ、生意気」と炎上を果たしましたw

性悪エピソード2:千葉雄大にオッサン発言

文面その通りです・・・三十路には入りゆくものの、童顔俳優の代名詞・千葉雄大さんに「オッサンじゃん」と発言をしました。もちろん千葉ファンは激怒です・・・

でも、友人間でしたらオッサンオッサンと冗談混じりで発言してもいいと思います。しかし飽くまでもカメラの前、全国の茶の間の前での発言はとても重いものになると思うんです。

いくら冗談とは言えど、もちろんファンは怒りますよ!自分の好きな芸能人が「ブスじゃん」「オッサンかよ」と言われたらそりゃー怒ります!

性悪エピソード3:共演者に冗談だとしても「嫌い」と言わしめる

これがどういう事かお気づきでしょうか?テレビには「ウザキャラ」として存在する芸能人もしばしば。たとえ収録外でいくら愛想が良くて紳士的な方だとしても視聴者の我々は「ウザい」としか言いようがありません。

と言いますと、人間が人間を決めるのは印象・相手の受け取り方次第なんですよね。

そして野村さんは第一印象・そういうキャラだとしても「ウザい」という人間として扱われています。

もうそれって「ウザい人間」である事には変わりないと思うんです。いかなる理由であれ他人に「嫌い」と言われるようなら嫌われている人間には変わりないですからね。「ウザい、でも好きなんだよねー」というケースは多々ありますが。

ジェイの総評:未だに芸能人としての自覚が足りていないのではないか?

確かにオッサン発言だの僻み発言だの悪めだちが多いですが、それが冗談であるという可能性も十分あります。なのであながち彼を「性悪」として判定することも難しいです。

だけども

再度になりますがテレビ前での発言知人間での発言ではまるで言葉の重みが変わってきます。

理解のある人間に向けて発言している訳ではないのです。不特定多数の人間を相手に発言していることと変わりないですからね。

前座で述べた比率が10のものなんて無いというのはここに繋がっています。冗談として軽く流せる人もいれば敏感に反応する人もいるんです。

それを野村周平さんはまだ分かってないのではないか、と思います。かれこれ芸能界に足を踏み入れて10年になるでしょうが。

テレビに出る、すなわち芸能人としての自覚が足りていない、ジェイはそう感じました。

オマケ:一言一句一文字一語、すぐに過敏に反応されてしまうのが恐ろしいところ

きっとみんな聞き流してくれるだろう、それが通用しないのがテレビでもあります。どんな発言も気をつけなければいつ炎上するか分からないのは本当に恐ろしいですよね。

ちょっとだけ不謹慎だったから炎上した、ちょっとしたジョークなのに炎上した、ちょっと不思議ちゃんだけど気持ち悪いから炎上した・・・こんなのザラですよね。去年に一体どれほどの芸能人が炎上したのでしょうか、カウントする方が難しいと思いますw

日本人はそれだけ他人の行為に敏感であって、気に入らないものは排除しに向かってきますし、何かあればすぐに火花を散らします。そして一度炎上を起こせば炎上前に戻る事はとても難しいものでしょう。

そしてSNSの蔓延るご時世、もはや燃える事は仕方ないと自負して向かわなければいいけない、そんな風潮がこれからも続くでしょう。風潮が収まるか、それとも芸能業界が先に潰されるか、前者であって欲しいものですがね・・・

(ジェイはそういう風潮は嫌いですし、もっと収まるべきとは思っていますが・・・)

そんな野村さん、仕事あんの?もちろんまだまだ需要はアリ!ドラマ主演もアリ!

ここまで彼の生意気エピソードに焦点を当ててしまうと「ホントに干されてそう・・」と思いがちですが、まだまだテレビ側も使い道は残しているようです!

テレビ朝日にて、2019年1月〜放送の僕の初恋を君に捧ぐ主役として出演されています。

興味のある方は彼の勇姿をご覧になってみてはいかがでしょうか!

本日のおまとめ

色々囁かれている野村さんでしたが、まだまだ高飛車な未熟者といったところでしょうか。厳しいかもしれないですが、そんなイメージが見受けられました。

実際に、エピソードはまだまだ未熟な為に起こったようなものだと思います。

また、俳優だからチヤホヤされて調子に乗ってる部分もあるでしょうね。なんたってグランプリで芸能界に進出し、人気俳優として活躍されている訳ですからね!ちょっと調子に乗っちゃうのも分かる気がします。

慢心という心は本当に気をつけなければいけない、そう思ったジェイでした!

本日は以上となります!また会う日までご機嫌よう!

ジェイの文字数カウンター:2838




スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク