2018年優勝ゆるキャラ「カパル」、公式からキモヲタ扱いされる。

こんばんは、わたくしジェイと申します。ゲームボーイSP片手に電車旅をするのも慣れたジェイです。

そんなジェイが今回お送りするのは、

ゆるキャラ

かつ

キモヲタ

という体で平成最後の優勝を手にしたゆるキャラ、カパルちゃんのご紹介です!

ジェイも十分にキモヲタやっていますが、ゆるキャラでキモヲタは正に前代未聞!!気になるところですね〜!

では参りますか!

基本的なプロフィール

画像元:ゆるキャラグランプリ オフィシャルウェブサイト

名前:カパル

性別:♂でも♀でもない

所属: (公財)志木市文化スポーツ振興公社

モチーフ:当市内に伝わるカッパの民話

キャリア:誕生してから10年近く埃を被る。平成23年、活動再開。平成30年、ゆるキャラグランプリ優勝。

余談:Twitterアカウントは凍結経験2回。

別名:キモヲタカッパ

実績:志木市広報大使、埼玉県けんこう大使、ゆる玉応援団№70

とんでもねえゆるキャラが飛び出てきたものですwジェイからすれば凍結2回のパンチが強すぎますw

素直にすきですw

今年のグランプリも色々あった

かぱるさんはこうして平成最後の栄光を飾っておりますが、その裏では色々と報道されていますね。

 今回の投票では、一部自治体による組織票が発覚。ネット投票は原則1日1回だが、複数のメールアドレスで投票用のIDを大量に取得し、職員らが何度も投票していた。暫定1位だった四日市市は約4000人の職員数に対し、1万超のIDを取得し職員に配布していた。
実行委員会はネット投票の締め切り後、明らかに組織票と思われるIDを削除。約30万票減となった四日市市の森智広市長は、取材に「残った80万票には市民の思いが詰まっている」と述べた。大量のIDを作成してタブレット端末に入れ、公民館などに設置した大牟田市は「ネットに不慣れなお年寄りのため」と説明した。

*一部抜粋

引用元:https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111800307&g=soc

「組織票」、「捨てアカ」とも呼ばれるものを利用して票数を不正に獲得していて1位から引っ張り落とされています。

しかも2位と3位どちらもこれを利用していました。

毎回この組織票というのは起こる現象らしく、中には30万もの捨てアカを票に費やしたという自治体もあるようです。

じゃあ、栄光のカパルさんはと言うと・・・?

かぱるさんの自治体は組織票すらも入れれない極小団体!?職員5人でアルバイト30人!

下克上に相応しい、まるで漫画でも見ているような気分ですね!

そうなんです、カパルさん所属の団体、「(公財)志木市文化スポーツ振興公社」は確かに市の基で活動をしていますが、職員は5名で他30名はアルバイトと、小規模に活動をなさっていたのです。

以下引用

カパルはカッパがモチーフ。同公社の権田原花子さんは「職員5人とアルバイト数人でやっており、組織票は一切ない。1位まで巻き返せるとは思っていなかった」と喜んだ。

*一部抜粋

引用元:https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111800307&g=soc

全ての票を純粋な票で勝ち取ったキモヲタカッパ、そんな彼の獲得票数が気になるところです!

キモヲタカッパの票数、実に889346票

こんなに票が入るなんて当カッパも想像だにしていなかったのではないでしょうか。約90万もの票が彼に集まったのです!

キモヲタなのに!

カッパなのに!

2位は福岡県大牟田市のジャー坊

84万3682票

3位は三重県四日市市の「こにゅうどうくん」

80万7592票

となっております!あ、ちゃんと組織票の分はちゃんと減票されていますからね!

減票されていなければ、3位のこにゅうどうくんが110万票ほど獲得していた事になります。

そうです、30万もの票が組織票、捨てアカによる投票だったのです!

大人の闇が垣間見える、そんなグランプリでもありました!

カパルの「キモヲタ」のルーツはTwitter!ヲタク色まんべんなし!

彼が公式から「キモヲタ」なんて呼ばれるには、Twitterの存在がありました。

彼も様々な物事をTwitterに書き込むのですが、そこでのツイートがまあヲタク色の強い事・・・

見かねた団体さんが「キモヲタカッパ」と呼ぶ事にしたそうです。

まあ趣味のツイートとも言うべきなのですが、そんな公式らしからぬツイートが実に9割を超えているのですね!そりゃー団体さんも呆れる訳です!

そんな癖強めの行為を散々行った事で、Twitter上での認知は広まり、こうしてグランプリを手にしている一因として大きく関わっているのです!

功を奏したとも言えますが(どこか言い難い)、正にカパルさんのキャラ勝ちですね!

以下、証拠として引用

公社公式に関わらずヲタク色の強い趣味ツイートばかりが多く公式らしからぬ発言が全体の9割以上を占める

9月30日 twitterフォロワー数を急速に伸ばし、また昨今のゆるキャラブームもあり、10年の時を経て三次元化し、地上に光臨

*一部抜粋

引用元:http://www.sbs.or.jp/kapal/profile.html

本日のおまとめと、ちょっとしたカパル余談

キモヲタ扱いされるカッパなんて、ジェイ人生で初めて見ました。そんなキモヲタをグランプリに仕立て上げたゆるキャラグランプリですが、やはり底が見えないですね。

黒色の熊や、もはや痙攣(けいれん)レベルで動く梨、その年その年でゆるキャラ界隈の流れは速い流れで変わってきていると思うんです。

そして今回、キモヲタさんが優勝・・w

これからも界隈は賑やかになりそうですw

カパル余談

今回こそ優勝を手にして知名度も爆上がりなものの、初めはそんなんじゃなかった・・・

それは彼のフォルムからも見て言える事ですねw

公式サイト直々に、こんな事が書かれていたので、今回はそれをお見せしてお暇しようと思います!

2011年6月 twitterの市民会館公式アカウントでの「そういえばウチにもキャラがいるんだよ」との画像をあげての呟きから、その中途半端にキモチ悪いフォルムや生立ちの闇黒史から極一部のマニアに注目され、ノリで“カパル親善大使”を名乗る人たちが誕生するなどのムーブメントが起こる

*一部抜粋

引用元:http://www.sbs.or.jp/kapal/profile.html

中途半端に気持ち悪い

闇歴史扱い

極一部のマニアから注目

ゆるキャラとしては散々だな、と思ったジェイでございましたw

本日は以上です!

また会う日まで、ご機嫌よう!

ジェイの文字数カウンター:2698




スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク