実は恐妻家・・・?田中圭のオモテとウラ[櫻井有吉THE夜会]

コンバンハ、わたくしジェイと申します。最近Oha!4という早朝の番組を見ることにハマりだしたジェイです。

そこからお天気コーナーで東京の夜明けをテレビ越しに拝めるのですが、地方民からしたらそれだけでも活力になるんですよね!

いつか住んでみたいな・・・東京の一部になってみたいな・・・そう思います!

さて、本日は二児の父でありながらも世の女性をメロメロにさせている罪深き(罪深くないです)田中圭さんの記事です!

妻はさくらさんと言うタレント兼女優の方なんですがね、どうやら妻に怒られることもしばしば・・・

表はラブラブ家族!裏では恐妻家・・・なのか!?

本日はそんなテイストでお送りいたします!

基本的なプロフィール

画像元:livedoorNEWS

名前:田中 圭(たなか けい)

生年月日:1984.7.10.(34歳)

出身:東京都

学校:渋谷教育学円幕張中学校・高等学校 卒

趣味:バスケットボール、乗馬、スキューバダイビング、銭湯巡り

身長:178cm

体重:58kg

靴のサイズ:27.5cm

肩幅:43cm

参考:Wikipedia , 田中圭 Official Website

趣味のバスケは全国優勝の過去アリ

趣味のバスケットボールですが、もう周知も広く、小学生時代に全国優勝しています!

更には、周りのスタメンが6年生で固められる中、自分だけ4年生だったというね!漫画の主人公と言わんばかりのバスケ歴を持っています!

――田中さんがバスケットボールやNBAを好きになったきっかけを教えてください。

母親がバスケ大好きで、その影響で小学1年生の時にYMCAでバスケを始めたんです。それが唯一ずっと続いた習い事だったんですけど、東京YMCAで全国優勝したりして。小学6年生がスタメンを張る中、僕は4年生の時から1人スタメンだったんです。軽い自慢になっちゃいますけど(笑)。

*一部抜粋

引用元:NewsWalker

その後、中学時代に靭帯を損傷してバスケを断念してしまいます。もし靭帯を痛めていなかったら・・・どうなっていたことやら!

街中で見せた家族の姿は正に理想的・・・?

たとえ俳優とは言えど、当然街に繰り出すことはありますよね!ですがマスコミがそれに応じて彼を手放す訳もなく、こんな記事が放られてました!

「着席するやいなや、娘さんはパパの腕の中へ。“高い高い”をしてもらうと、大はしゃぎでした。餃子などをおつまみに、ビールや紹興酒で乾杯。田中さんは義父の隣でお酒を注いだり、料理をすすめたりして場を盛り上げていました。お義父さんも上機嫌でしたね」(前出・居合わせた客)

入店から2時間半。次女を抱っこした田中がようやく店から出て来た。ほろ酔いの田中は妻の肩に手をかけて甘えながら、何やらおねだり。通行人も振り返るほどのラブラブぶりだった。その足で、なんと一家はカフェレストランへと“はしご酒”!

「田中さんは店員さんと笑顔で会話しながらテラス席へ。娘さんを膝に座らせて、ワインやビールを飲んでいました」(居合わせた客)

この“2次会”は1時間半続き、合計4時間に及ぶ“真昼の酒宴”は幕を閉じた――。義父をもメロメロにした、“おくさんずラブ”な休日だった。

*一部抜粋

引用元:livedoorNEWS

ホントにどこでも一息つけないと言いますか、周りの人間すらも監視の一員となっている事実にジェイはヒヤヒヤしています・・・

が、上記の報道はとてもプラスな記事として報じられてますね!父親俳優としてはとても評価も上がりそうです!

「ラブラブ家族」には妻無くして非らず・・・?

こうしてラブラブ家族やらなんやらで再びメディアに取り上げられている彼ですが、こういうプラスな面だけ見ればそれはそれは完璧な家族・・・

ですが!それには必ず裏がある、なにか支点がある事を忘れてはなりません!

その部分が「櫻井有吉THE夜会」で明かされるので、彼のウラを見たいならば必見です!

ともあれ、田中圭さん出演の当番組は10/25(木)TBSにて22:00から放送です!

今まで明かされなかったラブラブ家族の内情を見たい方は是非、ご覧になって見ては如何でしょうか!

本日おまとめ

書いてみて思ったのですが、やはりどんな事にも裏付けは存在するのかなー、なんて思いました。

人が歩くには筋肉を使わなければまず働きませんし、足や腰、脳からの信号が無ければ出来ることではないですからね!

プラスの面だけ見るのはいいけども、裏付けもしっかり確認しないといけない事をなぜか意識したジェイでした。

また会う日まで、ご機嫌よう!

ジェイの文字数カウンター:1876




スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク