EXILE AKIRAがあの大ブランドからオファーされた理由[another sky]

オハヨウゴザイマス、わたくしジェイと申します。すっかり朝や夜は冷え込んできましたね。夏よりかはマシですが、やはり寒いのもキライ・・・どうしようもないわがままボーイです。

さてー、本日はジェイが肝抜かれたと同時に嬉しかった芸能記事となります!

だって、EXILEのAKIRAさんが・・・

あのラルフローレンから

アジア人初のオファーを受けているんですからね!

これは去年の話ですが、another skyでその話を今回されるらしいので、掘り返すにはタイムリーな記事だと思いました。

が、疑問が浮かびますよね。

なんでAKIRAなのか、

一体どうしてアジア人初なのか・・・

そんなナンデドウシテを紐解きしていきましょう!

基本的なプロフィール

名前:AKIRA

本名:黒澤 良平(くろさわ りょうへい)

所属:EXILE、EXILE THE SECOND

生年月日:1981.8.23.(37歳)

出生:神奈川県大和市

出身:静岡県磐田市

学校:磐田東高等学校 卒

職:ダンサー、俳優、*1expg 取締役

好きなもの:古着

*1 expgとは、株式会社expgが運営するダンス&ボーカルスクールの事である。

参考:Wikipedia

まず、本名で驚きましたwちょうどその真実が明かされた番組を見ていて、「AKIRAじゃないんです」と話していた時は驚きで声出てましたw

さて、実はこのプロフィールの中に今回のキーワードが入っています。

ちょいと余談:小学3年から高1まではサッカーひと筋

彼がダンスを始めるのは16歳の時です。それ以前はサッカーに熱を注いでいまして、実力もお墨付きなものです。

スポーツ推薦で高校に進学して、英国遠征も経験しています。

AKIRAの大偉業は「古着」が鍵!

まあ古着とは言えども「RRL(ダブルアールエル)」というラルフローレンのブランド(1993年設立)なのですが。

で、RRLが大好き(昔から)なAKIRAさんは、自費で自分の本を出版します!ビンテージ物から最新のコレクションまで、それらを自分で用意して、自分の生き様を残そうと思い立ってひとつの本にしたのです。

(2014年9月発売「AKIRA LA」)

この本が、ラルフローレンのJAPAN社の目に止まり、まずは日本で注目を浴びます。

そしてその情報がまわりにまわって・・・

社長さん(ラルフローレン氏)にまで届いたらしいのです!

まずJAPAN社の方(かた)が目を通すだけでもすごい事なのですが、本社の社長さんにまで届くなんてとんでもないですよ!

偶然か、はたまた必然か、この翌年にはAKIRAさんとRRLとの雑誌企画が始まり、遂にはニューヨーク・コレクションにまで登壇する事となり・・・

アジア人初のアンバサダー就任となる訳ですね!

*アンバサダー・・・大使

というのが、彼の大役獲得までの流れとなります。

じゃあ、なんでアジア人初なんですかね・・・?

圧倒的着こなしで業界関係者等を感服させた

AKIRAさんの着こなし方はとても魅力溢るる着こなし方でして、どれほどかと言うと、

ラルフローレン氏本人に「彼はブランド(RRL)の体現者だ」と称賛されるほどです。

要は、そのブランドを着るに最も相応しい人だという事ですね。こんな言葉、とても贈られるようなものではないですよw

となると、それまではブランドに匹敵するアジア人がいなかった、と言うことになりますね。

コレクションの登壇では決して周りに見劣りするものでは無かった

ニューヨークで開催されたコレクション、周りにはどんな人物が集まると思いますか?

ハリウッド、アカデミー、アメリカのトップモデル、世界的写真家、ほか限られたVIPや著名人、トップクラスの業界関係者・・・

この中にAKIRAさんは唯一のアジア人として混ざったわけです!

そのVIP等と肩を並べていた、と。

おかげでAKIRAさんは「和製ジョニー・デップだ」などと賛辞される事となりました。

アンバサダー就任以降は世界各地で歩いている

アンバサダーとして選ばれたAKIRAさんは世界各地のコレクション、ショーに参加しています。

そして彼はこんな事を述べていました。

ショーに参加したAKIRAは「ラルフローレンの古き良きアメリカンスタイルを、今の時代にもあったアプローチで表現していきたい。そして、様々な活動やライフスタイルを通して、ラルフ氏の美学や信念を世の中にお届けできたら」と熱く語った。

*一部抜粋

引用元:https://www.m-on-music.jp/0000227858/

とはいうもの、この言葉は既に実行されているようなものです。ぜひ、これからも胸を張ってランウェイを歩いて欲しいですね!

本日のおまとめ

ふとした思い立ちの本で世界を歩く事となったAKIRAさん。ただ愛があるだけでは決して歩けないと思うんですよね。そこには情熱だけで語れないセンスの部分があり、人を驚かせるような意外性、そして自分に見合うファッションコーデをする客観性、様々な事が関与してくると思うのです。

それらを見事に当てはめたAKIRAさんは、己のことをわかっていらっしゃると思いますし、情熱だって欠けていません。

そう思うと、大使就任にも納得のいくジェイでした。

また会う日まで、ご機嫌よう!

ジェイの文字数カウンター:2151




スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク